鉄人会NEXT
 

私国立及び公立中高一貫校-中学生コース

【中1〜中2】

中高一貫校では、内容の濃い授業がハイスピードで展開していきます。まずは、学校の授業を確実に理解して消化していくことが必須です。その為に、ノートの取り方、定期テスト前の勉強法からご指導致します。 また、中高一貫カリキュラムでは、中2の1年間が極めて重要になります。中3からはほとんどの科目が高校分野に入りますので、中2の1年間で中学範囲のすべてを仕上げるべく、学校側も中1の時とは比べものにならないくらいペースアップして授業を進めるからです。数学の全範囲はもちろんのこと、英語の文法、古典文法の基礎などを、確実に吸収しなければ、中3以降の授業について行けなくなります。  上記のように、極めて重要な中学2年生ですが、一方で、生徒さんが新しい環境にすっかり慣れ、「大学受験はまだ5年も先」と気持ちの中だるみを起こし出すのもこの時期です。数多くの中高一貫校生を見てきたプロ家庭教師が、この一年間の重要性を生徒さんにお伝えし、中学範囲をしっかりと身につけることが出来るようご指導致します。

【中3〜高校への導入】

ほとんど全ての科目が中3の段階で高校分野に進みます。まずはハイペースで進む学校授業を確実に固めるように補習します。高2からは学校でも文型・理系にコースが分かれます。どのコースを選択すべきか、大学進学後の方向性を視野に入れて、プロ家庭教師の経験から生徒さんとの進路相談も行います。 授業内容はこれまで以上に難化してきます。しかし、ここでしっかりと消化吸収できれば、大学受験に向けての飛躍へとつながります。

英語

学校指定の英単語テキストあるいは旺文社『ターゲット1900』などを高1終了時までに1回転終了させるくらいのスピードが必要です。敢えてハイペースで進めることで、生徒さんに暗記方法を習得させる目的です。英語の基本文法は中3の時期までに完全に固められているかどうかが極めて重要です。なぜなら高校からは、文章量が激増した長文を短期間で読み込むような徹底特訓がどの学校でも始まるからです。基本文法で足元をすくわれていては手も足も出ません。徹底的に文法を固めます。

数学

数学は中3で数TA、高1では理系・文系問わず数UBの演習に入りますが、ほとんどの単元の基礎となる内容は中2までに履修済みで、学校もその前提で授業を進めます。プロ家庭教師の授業では、まずは基本が確実におさえられているかを確かめ、抜け漏れている単元があれば、類題演習を重ねて、学校の内容を確実に理解するように進めます。

国語

古典については、中2からスタートした古文の文法について、全ての範囲を終わらせ、読解量も大きく増えてきます。生徒さんが苦手意識を持たないように、周辺知識を織り交ぜながら読解を進め、文法の注意事項は都度確認するなどの流れで、文法の基本分野の漏れを防ぎます。現代文では大学受験に頻出の「評論文」への慣れを養成し、語彙を増やすために、新聞や新書の精読を取り入れます。

理科(物化生地)

理科(物理・化学・生物・地学)では、多くの量の新しい専門用語や原理・法則・公式や図(グラフ)・計算式等を学習します。しかし、いずれの科目も「単なる暗記科目」ではありません。原理や公式は「覚えた」けれども、それぞれにどんな意味があるのかを理解し、「どこ」を「どう使うか」(使えるか)ということを身につけることが重要だからです。各分野での基礎的な事項の理解の徹底と、法則や公式が使われる状況や条件を知って適確に使えるように、問題練習を通して学習していきます。

社会(地歴公民)

地歴分野では地理の比重が最も大きく、次に日本史であり、世界史は日本史に組み込まれた形で学ぶことになります。いずれも覚える内容が多いため、基本事項を反復して、確実な基礎知識の土台を作っていきます。公民分野は政治・経済の理解型暗記を進めながら、それと合わせて社会時事の動きを結びつけていきます。新聞を読む習慣や、ニュース報道に対して自分の意見を考えていくことも、この段階から心がけていきます。

 

会社概要  鉄人会NEXTとは  個人情報保護に対する基本方針

鉄人会NEXT

TEL:03-3981-2337 FAX:03-3986-0210
営業時間・平日9:30〜18:30/土日祝お休み
〒171-0033 東京都豊島区高田3-19-6いずみやビル3F